LIFE

アーモンドのススメ【生産性向上・ダイエットの味方】

アーモンドのススメ【生産性向上・ダイエットの味方】

太るとわかっててもついついおやつを食べちゃう。
どうせなら身体に良いおやつを知りたい。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の信頼性

本記事の信頼性

おやつってついつい食べちゃいますよね。

実は私はついついおやつを食べてしまい、社会人になってから7キロ太ってしまいました。

しかしながら、このままではダメだ!と一念発起し、この一年間で12キロ痩せました。

現在はBMI20となり、人生で一番スマートになりました!

ダイエットを始めてからアーモンドを食べ始め、このブログを書いている今も食べています。

アーモンドはダイエットにもおすすめですが、仕事の生産性を上げるうえでも、おすすめのおやつです。

今回は私の体験談を踏まえて、アーモンドの魅力をお伝えします。

アーモンドはダイエットの味方

アーモンドはダイエットの味方

アーモンドはダイエットの強い味方です。

もしあなたがちょっとダイエットしようかな〜と思っているのなら、ナッツ系がおすすめです。

そもそも、一番効果的なダイエット法は食事制限です。

運動で痩せるのには限界があります。

食事を見直すときに、一番気をつけるべきは糖質です。

過度な糖質制限はおすすめしません。
ただ、現代人は糖質を摂りすぎている傾向にあります。
お昼ごはんにカツ丼などの丼ぶりを食べていたら、ほぼオーバーします。

チョコやクッキー、あるいはジュースに含まれている糖質も、塵も積もれば山となるって感じですよね。

アーモンドは重量あたりの糖質がかなり低いので、満足感を得つつも糖質を抑えられます。

また、アーモンドはダイエット目的でなくとも、健康にかなり良いです。

アーモンドが健康に良い科学的理由

アーモンドが健康に良い科学的理由

アーモンドが健康に良い理由は様々ですが、まとめるとこんな感じです。

ポイント

  • 低糖質
  • ビタミンE
  • 不飽和脂肪酸
  • 食物繊維

まず、糖質が低いことです。

これは先程紹介した通りです。

記事の後半で、おすすめのアーモンドを紹介します。
そこに、糖質がどれぐらい含まれているか紹介していますね。

2つ目にビタミンEです。

ビタミンEは強力な抗酸化作用を持っています。

なので、一言で言えば、美容に良いです。

老化とは錆びること、つまり酸化することです。
ビタミンEは酸化から身体を守ってくれます。

3つ目は不飽和脂肪酸です。

アーモンドにはオレイン酸と呼ばれる不飽和脂肪酸が豊富に入っています。

なので、脂肪分だけで見るとアーモンドは高脂質食品に分類されます。

でも、心配しなくて大丈夫です。
実は、脂肪には2種類あります。

脂肪には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。

飽和脂肪酸はいわゆる脂肪です。お腹まわりの脂肪の原因になる嫌な奴です。

一方で不飽和脂肪酸は、細胞膜やホルモンの材料になるので、身体に蓄積されにくい脂肪酸です。

なので、アーモンドは脂肪分自体は多いのですが、実際に身体に蓄積される脂肪分は少ないのです。
そのため、ヘルシーな食品です。

4つ目の理由が、食物繊維です。

アーモンドには食物繊維が豊富に含まれているので、お通じが良くなります。

おやつをアーモンドにしてわかったこと【生産性向上】

おやつをアーモンドにしてわかったこと

おやつをアーモンドにしてわかったことは、こんな感じです。

ポイント

  • 腹持ちが良い
  • 味が美味しい
  • コーヒーに合う
  • 眠くならない

まず、腹持ちが良いです。

満足感があります。

おそらくよく噛むので、満腹中枢が刺激されるのと、食物繊維が豊富だからだと思います。
すごいお腹減っていても、10粒ぐらい食べると、結構落ち着きます。

味も美味しいです。

私は素焼きのアーモンドを食べています。

注意点としては、おやつで食べるなら、食塩無添加の素焼きアーモンドが良いです。

食塩が入っているアーモンドは、塩分のとりすぎになりがちです。
毎日のおやつであれば、素焼きが良いですよ。

そして意外だったのが、コーヒーに合います。

よく仕事中にコーヒーを飲みますが、アーモンドはコーヒーにとても合います。
コーヒーの苦さとアーモンドの控えめな甘さが相性抜群です。

仕事をするときにとても良かったのが、おやつを食べた後に眠くならないことです。

チョコやケーキなどをおやつにいっぱい食べちゃうと、眠くなりませんか?
あれには科学的な理由があります。

糖質が多いものをたくさん食べると、血糖値が一気に上がります。

そして、その血糖値を下げるためにインスリンが分泌されることで、今度は一気に低血糖になります。

糖質をたくさん撮ると、血糖値が上がるのに、その後急激に下がるって不思議ですよね。

この急激な低血糖のときに、睡魔が誘発されます。

なので、お腹いっぱい食べると眠くなるわけです。

アーモンドは糖質が低いので、急激な血糖値の変化を起こしません。
なので、眠くならず、仕事の生産性向上に役立ちます。

おすすめのアーモンド

おすすめのアーモンド

私は、いつもAmazonでこれを買っています。

小分け煎りたてアーモンド 1kgに8g追加!(28gx36袋) 産地直輸入 無塩 無油 無添加 素焼きアーモンド(等級:US Extra No.1)1日1袋

このアーモンドは小分けになっていて、小袋が36袋入っています。

小分け煎りたてアーモンド 1kgに8g追加!(28gx36袋) 産地直輸入 無塩 無油 無添加 素焼きアーモンド(等級:US Extra No.1)1日1袋

絶対に小分けを買ったほうが良いです。
アーモンドは湿気っちゃうと美味しくないので、小分けになっている方がおすすめです。

こんな感じで小分けになっています。

小分け煎りたてアーモンド 1kgに8g追加!(28gx36袋) 産地直輸入 無塩 無油 無添加 素焼きアーモンド(等級:US Extra No.1)1日1袋
小分け煎りたてアーモンド 1kgに8g追加!(28gx36袋) 産地直輸入 無塩 無油 無添加 素焼きアーモンド(等級:US Extra No.1)1日1袋
小分け煎りたてアーモンド 1kgに8g追加!(28gx36袋) 産地直輸入 無塩 無油 無添加 素焼きアーモンド(等級:US Extra No.1)1日1袋

これ、最初に一粒食べたとき、『うまっ』って思いました。
これなら続けられると感じ、今に至ります。

成分としては、こんな感じです。

一袋(28 g)あたり

カロリー:161.2 kcal

タンパク質:5.94 g

脂質:13.83 g

糖質:6.07 g

糖質は約6g、これはチョコチップクッキー1枚分とほぼ同じです。

アーモンド一袋って、かなり満足感がありますが、それでチョコチップクッキー一枚分程度の糖質って、結構安心できますよね。

私は朝ごはんの代わりに、小袋のアーモンドを約半分食べ、残りをおやつにしています。

一日一袋って感じです。

どんなものでも食べすぎや良くないので、一日1〜2袋ぐらいが良いと思います。

まとめ:アーモンド生活で健康的に生産性をあげよう

まとめ:アーモンド生活で健康的に生産性をあげよう

今回はダイエットの味方であり、生産性向上に役立つおやつとしてアーモンドを紹介しました。

もちろん、ダイエットも生産性のどうでもいい!という場合でも、単純に美味しいのでおすすめです。

それに、たまには甘〜いおやつを食べてもいいと思います。
私もケーキ大好きです。

毎日ケーキとか食べ過ぎちゃうと、糖尿病まっしぐらですが、たまには息抜きに好きなものを好きなだけ食べる時間も重要です。

友達や恋人と遊びにでかけたときに、ダイエットを気にして美味しいスイーツを食べられないのって、人生損した感じしますよね。

だからこそ、そういう日のために、日々のおやつは健康的なものにしたいですよね。

アーモンドは美味しく、健康的に無理なく続けられるおやつです。
私の日々の健康と仕事を陰で支えてくれています。

あなたも、明日から健康的なアーモンド生活を始めてみませんか。

今回は以上です。

Copyright© Taco-san blog , 2020 All Rights Reserved.