ネイティブキャンプ 英語学習

ネイティブキャンプのカランメソッド体験談【メリット&デメリット】

ネイティブキャンプのカランメソッド体験談【メリット&デメリット】

ネイティブキャンプのカランメソッドの体験談が知りたい。

こんな疑問にお答えします。

本記事の信頼性

本記事の信頼性 研究者(業務で英語を使用) ネイティブキャンプ会員 自身の経験に基づいた内容

私は1年以上ネイティブキャンプを使用しています。

カランメソッドについても2ヶ月程受講しました。

結論から言うと、私にはカランメソッドはあまり合いませんでした。

なので、現在はネイティブキャンプで通常のレッスンを受けています。

ネイティブキャンプのカランメソッドを受講するか悩んでいるのであれば、この記事で紹介するメリットとデメリットを把握しておいて損は無いです。

カランメソッドは合う人には合うメソッドなので、興味があればぜひ受講していみるのをおすすめします。

それでは、前置きはこの辺にして早速参りましょう。

本記事の内容

  • ネイティブキャンプのカランメソッドとは?
  • ネイティブキャンプのカランメソッド体験談
  • カランメソッドの受講方法
  • まとめ:あなたに合っているかを確かめよう

ネイティブキャンプのカランメソッドとは?

ネイティブキャンプのカランメソッドとは?

カランメソッドとは、ダイレクトメソッド(直接教授法)と呼ばれる英語学習法の一つです。

ダイレクトメソッドというのは、母国語を習得する際と同じように、英語ならば英語だけを使って自然な会話の中で英語を覚えていくようなやり方です。

つまり、英語を英語のまま理解して英語で返すみたいな感じですね。

実際のレッスンのときはこんな感じで進みます。

まず、先生が2回同じフレーズで質問してきます。結構スピードは早いです。

Which do you prefer, tea or coffee?
Which do you prefer, tea or coffee?

この先生の質問に対し、フルセンテンスで答えます。

I prefer tea to coffee.

実際に紅茶とコーヒーどっちが好きかはどうでも良いので、瞬発的に正しい構文、かつフルセンテンスで答える訓練をするのがカランメソッドです。

レッスン中はテキストを見ながら回答するのは禁止なので、必然的に瞬発的な英語のやり取りが求められます。

このカランメソッドはかなり話す量が多くなるので、従来のレッスンの約4倍の量を話すと言われています。

英語はアウトプットすることでどんどん力がつくので、効果的な使い方をすれば、かなり英語力が上がります。

ネイティブキャンプのカランメソッド体験談

カランメソッド体験談

実際にカランメソッドを体験してみた私の率直な感想をご紹介します。

私は、毎日1レッスンを約2ヶ月受講しました。

受講してみてわかったことを次の順でご紹介します。

カランメソッド体験談

  • メリット
  • デメリット
  • 効果

順に見ていきましょう。

メリット

カランメソッドを受講してみて感じたメリットは次の2つです。

メリット

  • 英語を話すスピードが早くなる
  • リスニング力が上がる

一番感じたのは、英語を話すスピードが早くなることです。

というのも、先生の話すスピードが早いので、それに合わせていくと自分のスピードもいつの間にか上がっています。

海外で英語を話していると、外国人の話すスピードが早く、会話に入れないことがよくあります。
カランメソッドで訓練したおかげで海外でも臆せず会話に加わることができるようになったと思います。

また、早いスピードの英語を聞き、自分も早く喋るという訓練を積み重ねていくうちに、リスニング力が向上しました。

海外で学会発表を聞いているときに、あまり注意深く耳を傾けていなくても自然と聞き取れるようになったと実感しています。

これは、カランメソッドだけの効果ではないかもしれません。
私はカランメソッド以外の通常のレッスンをネイティブキャンプで受講しているので、そちらの効果も少なからずあります。
ただ、カランメソッドをやっていると、ネイティブの早さに慣れる訓練ができる分、相乗効果はあったかなと思います。

デメリット

カランメソッドのデメリットは主に次の2つです。

デメリット

  • イギリス英語特有の表現
  • 英語を理解した実感がない

カランメソッドはイギリス英語がベースとなっています。

なので、たとえば次のような表現が出てきたりします。

Have I got anything in my right hand?
Have I got anything in my right hand?

これはイギリス英語特有の表現です。

これはアメリカ英語だと、『Do I have anything in my right hand?』みたいになります。

要は、私は右手に何か持っていますか?という意味です。

私はこの表現が最初わからなかったので、結構戸惑いました。
カランメソッドでは、たまにこういったイギリス英語特有の表現が混ざっています。

イギリス英語を学びたい人ならデメリットではないですが、一般的なアメリカ英語を学習する上では、すこし混乱する場面があります。

そして私がカランメソッドを2ヶ月受講して思ったのは、英語を理解しているなという実感があまり感じられないことです。

たとえば、あなたが外国人とお話をしている場面を想像してください。

その外国人がお菓子をくれたとしたら、あなたはなんて言いますか?

おそらく、Thank youってとっさに言いますよね。

このとき、ありがとうは英語でサンキューだから、Thank youみたいに脳内変換しないですよね。

このように、とっさに英語を話す状態を目指しているのがカランメソッドなんです。

逆に言うと、あまり先生の質問内容を理解していなくても、先生の英語表現をもとに、答えの文章をとっさに言えてしまえばレッスンはどんどん先に進みます。

なので、しっかりと自分の頭で考えて英語を話しているという実感がなく、機械的に英語を口から出すイメージに近いです。

私の場合、この感覚が少し気持ち悪かったです。

効果

私の場合、効果は多少あったかなと思います。

ただ、カランメソッド以外のネイティブキャンプの通常レッスンを並行しておこなってました。

私としては通常レッスンの方が効果が高いように思いました

この辺は人それぞれなのかもしれません。

私は「スピーキング」「トピックトーク」「5分間ディスカッション」の教材でレッスンする方が自分に合っていました。
私の場合、自分の考えを英語で話すのが好きなので、そもそもカランメソッドがそんなに楽しく感じられませんでした。
このことも、効果を上げにくい要因だったかもしれません。

実際、カランメソッドの評判や口コミを見てみても、肯定的な意見と否定的な意見で二極化しています。

カランメソッドは2ヶ月で終わりにし、その後は通常のレッスンをおこなっています。

カランメソッド以外の教材について気になる場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

>>ネイティブキャンプのオススメ教材【失敗しない選び方】

ただ、一度はカランメソッドを受けてみるのも良いと思います。
私の友人はカランメソッドをとても気に入っているので、人によってはかなり効果的なのかもしれません。

記事の最後では、カランメソッドを受けてみた私がおすすめする効果的な学習方法をご紹介します。

カランメソッドの受講方法

カランメソッドの受講方法

カランメソッドを受講するためには、次の3つを行う必要があります。

受講方法

  • レベルチェックテスト
  • 予約
  • 教材購入

まず、レベルチェックテストが必要です。

カランメソッドはステージ1から12まであります。
どのステージからレッスンをスタートするかを決めるのがレベルチェックテストです。

このレベルチェックテストは、実際のカランメソッドとは違うやり方でおこなわれます。

主に、スピーキング力とリスニング力から、カランメソッドのスタート時のレベルを先生が判断します。

レベルチェックテストの際は予約が必要ですが、コインや教材は必要ありません。
トップページの予約画面から、教材をカランメソッドに指定し、カランメソッド対応可能の講師を見つけて予約すればOKです。

実際にレベルチェックテストが終了した後から、通常のカランメソッドのレッスンが受けられるようになります。

このときにはコインを使って先生を予約する必要があります。

なので、実際にレッスンを進めていく際はコインを購入する必要があります。

基本的に100コインで講師の予約が可能です。

現在、ネイティブキャンプの7日間無料トライアルに登録すると、1000円分(500コイン)が無料でもらえます。

なので、もしまだネイティブキャンプに登録しておらず、カランメソッドをやってみようか悩んでいる人は、以下の公式ホームページにアクセスして登録することをオススメします。

>>ネイティブキャンプ 公式ホームページ

7日間無料でレッスン受け放題なので、通常レッスンとカランメソッドを比較してみるのが良いです。
レッスンには教材が必要ですが、『まだ教材が届いていない』と伝えれば、最初の2レッスンぐらいであれば教材がなくても問題なく受講できます。

実際に本格的にカランメソッドを受講する場合、教材の購入が必要になります。

教材は公式ホームページのオンラインストアから購入できます。

>>ネイティブキャンプ 公式ホームページ
オンラインストアから教材購入が可能

ペーパー版とeBook版がありますが、私はペーパー版をおすすめします。
アナログですが、復習の際に書きこんだりできるのは紙の利点です。

カランメソッドの効果的な学習方法

効果的な学習方法

カランメソッドを実際に受ける時は、次のやり方が効果的です。

効果的な受講方法

  • 予習より復習重視
  • 1ステージ分を終えたら終了

まず大前提として、予習に時間をかけすぎるのはおすすめできません

内容を覚えてしまうと、カランメソッドに大事な瞬発的な理解力・対応力を養うことができません。

私はカランメソッドをはじめた当初は予習をしすぎていたので、ただ覚えたことを話すだけになっていました。
これでは何も効果がありません。

なので、予習はテキストをざっと見る程度にして、復習に時間をかけるようにした方が良いです。

復習では、テキストの文章をスラスラ言えるようになるまで音読していました。
また、レッスンの中でわからない表現があったときはテキストにチェックをつけておき、重点的に見直ししました。

レッスン自体はステージ1〜12まであるのですが、個人的には1ステージ分終わったら、そこでカランメソッドを終了にしていいと思います。

たとえば、レベルチェックテストの結果、ステージ2からスタートだったとします。
その場合、ステージ2を終了したらそこでカランメソッドはもうやらなくて良いと思います。

カランメソッドが楽しい!という場合はステージ12まで継続しても良いのですが、どうしてもカランメソッドは訓練要素が強いです。

なので、カランメソッドで教授できる瞬発的な対応力やスピード力を養った後は、通常レッスンの教材を使った方が、楽しく英語を続けられると思います。

カランメソッドを続ける場合、コインも購入する必要があります。
なので、月額費の6480円以外に、月額2000円〜3000円ぐらいコイン代が必要になります。
カランメソッドは短期で終わらせて、その後は通常レッスンに移行した方がお財布にも優しいです。

まとめ:あなたに合っているかを確かめよう

まとめ:あなたに合っているかを確かめよう

まずは受講してみて、カランメソッドがあなたに合っているかを確かめてみることをおすすめします。

やっぱり百聞は一見にしかず。
自分で感じたことが一番正しいです。

ネイティブキャンプでは7日間は無料でレッスンが体験できるので、まずは無料登録をおすすめします。

>>ネイティブキャンプ 公式ホームページ

現在私は、カランメソッド以外のレッスンを受講していますが、ネイティブキャンプは現時点で最も理想的なオンライン英会話だと断言できます。

そのへんのことは以下の記事にまとめてあるので、ぜひ読んでみてください。

>>ネイティブキャンプの体験談【デメリットも紹介】

今回は以上です。

Copyright© Taco-san blog , 2020 All Rights Reserved.